マンションの査定を行う場合の諸注意について

理想的な金額をある程度設定した上で業者に相談をするのが良い

売却を考慮する場合にはより高く売りたいと多くの人が考える | 結果が相場に対して安いのか高いのかが査定のポイント | 理想的な金額をある程度設定した上で業者に相談をするのが良い

不動産の売却に関する仲介の方法には一般媒介契約と専任媒介契約があり、一般媒介契約の場合には自分自身が買い手を見つけた場合は不動産業者に対しての手数料が発生しませんが、専任媒介契約の場合には契約を行った不動産業者のみが販売をすることが可能となり、自分自身で買い手を見つけた場合でもその不動産業者に対して手数料が発生する仕組みとなっているのです。
そのため多くの業者は査定の際に高額の金額を提示し専任媒介契約を取り付けようとすることが多いので注意をすることが大切です。
専任媒介契約をした場合に積極的に自らが販売活動を行わなくても誰かが売買契約を締結した場合には自社に手数料が入る仕組みとなるため、不動産業者としては最も効率の良い契約となります。
そのため設定の際に高い金額を提示されたからといって安易に専任媒介契約を結んでしまうと、不動産業者が積極的に販売活動を行わなくなり最終的には安い金額で買い叩かれてしまうと言う結果になることも多いのです。
マンションの査定を依頼する場合にはこのような不動産業者の契約の特徴や金額による売却のしやすさ等についても十分に予測した上でその金額を評価することが重要となります。
また売却が完了するまでの維持費についても十分に予測し、理想的な金額を自分の中である程度設定した上で業者に相談をするのが良い方法です。

マンション 査定【住友不動産販売】全国に広がる直営仲介ネットワーク